犬や猫は避けた方が無難

一人暮らしで寂しいのでペットを飼いたいという人は少なくないでしょう。では、一人暮らしをしている人はどのようなペットを選べばいいのでしょうか。
まず、ペットとして人気のある犬ですが、一人暮らしの部屋で飼うと防犯という観点からも向いていると思いがちですが、避けた方が無難です。自宅で仕事をしている人ならいいですが、外で仕事をする人の場合、長時間、自宅を留守にすることになり、犬のストレスがたまってしまうからです。犬は基本的に群れで生活する動物で、リーダーである飼い主に依存するので、リーダーがいない状況に長く置くというのは酷といえます。
では、群れを作らない猫なら大丈夫なのかというと、そうともいいきれません。飼い主にべったりという性格の猫も存在するからです。

鳴き声はほとんどなく適度にふれあえるフェレット

金魚などの魚は一人暮らしの人のペットに向いているといえるでしょう。餌は一日一回程度で十分ですし、特にスキンシップを取らなくても犬や猫のようにさみしがってストレスをためることがないからです。
魚だとまったく触れることができず、コミュニケーションもとれなくて楽しくないので、ある程度、コミュニケーションをとれるペットを選びたいというのであればハムスターやフェレットがいいでしょう。
特にフェレットの場合、犬や猫のように大きな声で鳴くことはないので騒音問題を発生させることがありませんし、犬や猫よりもかなり長い間寝ていて、飼い主が留守中でもそれほどさみしがることがありません。それでいて、起きているときは飼い主と遊ぶことができます。

ペットショップといえば、さまざまな動物を扱うものですが、中には熱帯魚だけしか販売していない店や猛禽類専門の店などが存在します。