メンテナンスで機械式時計を長持ちさせる

歯車やゼンマイなど、いろいろなパーツを使って作成されているのが機械式時計です。現在では、置き時計よりも腕時計として利用されているので、学業やビジネスで使うために購入した方もいるでしょう。
もしも、その購入した腕時計に思い入れがあるのなら、必ずメンテナンスをするようにしましょう。メンテナンスをしなければ、機械式腕時計の寿命を縮めてしまうことになります。

ベルトを綺麗にしよう

機械式腕時計のメンテナンス方法はいろいろありますが、素人ができるのは清掃をすることでしょう。とくに金属ベルトを使っているのなら、皮脂汚れで黒ずんでいきますので、きちんと綺麗にしてあげることが大切です。布で拭いてあげるだけでも、ある程度は綺麗になるため、定期的に清掃することをおすすめします。
もしも、拭いただけで綺麗にならないのなら、洗浄剤などを使って洗ってあげるとよいでしょう。その場合は、洗浄剤が時計本体にかからないように、ベルトを外してから洗わなければいけません。

オーバーホールというメンテナンス

機械式時計は外見だけではなく、内部のメンテナンスも定期的に実行する必要があります。それはオーバーホールと呼ばれていて、素人ではできないので、プロに仕事を依頼するようにしましょう。
異常が見られなくても、内部では動きが悪くなっている可能性があるため、定期的に内部の清掃をしなければいけません。そうすることで、機械式腕時計は何十年も使い続けられる可能性があるので、愛着があるのなら、是非ともオーバーホールをおこないましょう。

創業当初から注目され続けている老舗ブランドパテックフィリップは、数多くの顧客に愛され続け洗練された時計文化を発信しています。